鉄道関連本

旅行・地域

東日本の施策って

本日らじ店主は東京に来ております。
毎度来るたびに「浦島太郎」状態になりますが、今回も特急草津が651系化していて「もう換わってたんだねえ」と驚いたり、東京駅丸の内南口にあったはずのキヨスクがなくなっていたり、東京〜上野の直通ラインが試運転していたりと、まさに日進月歩の様相です。
上野の連絡線は新幹線ができるからと鳴り物入りでぶっ壊したはずなのに、またつくるんだねえ…と感慨しきり。
そして中距離電車の普通車ロングシート化で「座りたければグリーン料金を払いなさい」という施策も考えてみたらすごい厚かましいと私は当初思ってました。
まあそれも鉄道としての増収策なんでしょうが、地域の特性を無視して北の大地に同じ思想の電車が現れるに及んではあきれる次第。厳冬のさなか長椅子に座らされて千歳空港に行かされる乗客のことは一切無視という会社がどうして新幹線なぞ運行できますか?
昔からその会社の現社長は、東日本に合併されて自分は相談役になりたいみたいな噂をたてられるような人物ですから、このあと何が起こるかは推して知るべし。
東日本のやっているのは一応理論としてはまあわかるかな…というのもありますが、当該会社はわざわざ自分の首を絞めるようなことを屁とも思わずやります。
まあそんなことを徒然思いながら「峠のかまめし」をキハ110のなかで頬張ってました。
モデルプラザエンドウさんもなんだか殺風景になってましたな。
現会長ももうお店には立たないのかな。
いたら挨拶がわりにキハ08のキットでも買おうかななんて…思いつつヨーダンパしか買わないで終わってしまいました。

東京報告、まだ続きます。

気になったやつ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック